レコーデリー

recordeli_logo

レコードの魅力再発見

お好きなSNSアカウントで登録

Lester Young In Paris

Lester Young In Paris

Lester Young

このレコードを持っている
このレコードが欲しい!
  • リリース年 1960
  • US
  • サイズ LP
  • 型番 MGV 8378
  • レーベル Verve Records
  • ジャンル Jazz / Modern Jazz
  • トラックリスト
    • 1

      I Didn't Know What Time It Was

      4:18
    • 2

      Oh Lady, Be Good!

      3:34
    • 3

      Almost Like Being In Love

      3:58
    • 4

      Three Little Words

      4:15
    • 5

      I Cover The Water Front

      3:46
    • 6

      I Can't Get Started

      3:12
    • 7

      (Back Home Again In) Indiana

      2:45
    • 8

      Pennies From Heaven

      3:18
    • 9

      New D.B. Blues

      3:12
    • 10

      Lullaby Of Birdland

      3:41
    • 11

      There Will Never Be Another You

      3:36
    • 12

      Tea For Two

      3:30
このレコードを持っている人
  • VW camper VW camper
    • 1298
    • 0
    • 0

    ヨーロッパのトッププレイヤーを集めてパリのBarcley Studioで1959年3月4日に録音されたモノで、約2週間後の3月19日心臓病で息を引き取りますからプレスのラストレコーディングと言えるのではないでしょうか。 メンバーはKenny Clarke(ds), Jamil Nasser(b), Jimmy Gourley(g), Rene Urtregor(p)にレスターが加わったクインテット編成です。演奏は,各面6曲とそれぞれの曲がやや短めですがレスターが得意とした古いスタンダードが目白押しです。サイドAは”I Didn't Know What Time It Was", "Oh, Lady Be Good", "Almost Like Being Long", "Three Little Words", "I Cover The Waterfront", "I Can't Get Started"の6曲,サイドBが"Indiana", "Pennies From heaven", "New D.B. Blues", "Lullaby of Birdland", There'll Never Be Another You", "Tea For Two"の大スタンダード大会です。何れでも,ビッグトーンではないですが独特の音色でズムーズに流れて行くレスターのフレージングを楽しむには良いのかもしれません。最後の録音で、このライナーノートにレスターを評して"An Old, Sick, Abandoned Lion"とあるように好調とは言えないのかも知れません。決して高い音楽性で高評価を受けているアルバムではないですが,最晩年のレスターを記録したアルバムとしての価値は充分と思います。

    2016-11-04
みんなのコメント

相手をリスペクトして、音楽に関するコメントでお願いします