レコーデリー

recordeli_logo

レコードの魅力再発見

お好きなSNSアカウントで登録

White Gardenia

White Gardenia

Johnny Griffin

このレコードを持っている
このレコードが欲しい!
  • リリース年 1961
  • US
  • サイズ LP
  • 型番 RS 9387
  • レーベル Riverside Records
  • ジャンル Jazz / Hard Bop
  • トラックリスト
    • 1

      Gloomy Sunday

      4:04
    • 2

      That Old Devil Called Love

      3:47
    • 3

      White Gardenia

      3:18
    • 4

      God Bless The Child

      3:17
    • 5

      Detour Ahead

      4:28
    • 6

      Good Morning, Heartache

      4:10
    • 7

      Don't Explain

      4:43
    • 8

      Travelin' Light

      4:06
    • 9

      No More

      3:57
    • 10

      Left Alone

      2:54
  • YouTube
このレコードを持っている人
  • VW camper VW camper
    • 1298
    • 0
    • 0

    リトルジャイアントこと、ジョニー・グリフィンのWhite GardeniaはBillie Holidayのトリビュートアルバムです。White Gardeniaとはいつもビリーが髪に付けていた白いクチナシの花のことですよね。ビリー没後2年を経過した、1961の録音で、ストリングスあるいはブラスセクションをバックに従えて、グリフィンが神妙なプレイを展開する異色盤としても知られています。アレンジは才能豊かな女流トロンボーン奏者としても知られるメルバ・リストン、そしてピアニストのノーマンシモンズが担当しています。全9曲中、タイトル曲のみがグリフィンのオリジナル、後はビリーの愛唱曲8曲で構成されており、"God Bless The Child", "Detour Ahead", "Don''t Explain"そしてお決まりの"Left Alone"を含んだ選曲となっています。ここでのグリフィン得意のブローを押さえたテナーが主役となっているのですが、バックバンドの素晴らしさも忘れてはなりません。バンドメンバーであるナット・アダレーやクラーク・テリーのトランペットソロ、ジミー・クリーブランドのトロンボーンソロ、そして名手バリー・ハリスのピアノソロまで聴けてしまうお徳用盤でもあるのです。

    2016-11-30
みんなのコメント

相手をリスペクトして、音楽に関するコメントでお願いします