レコーデリー

recordeli_logo

レコードの魅力再発見

お好きなSNSアカウントで登録

Você Ainda Não Ouviu Nada!

Você Ainda Não Ouviu Nada!

Sérgio Mendes

このレコードを持っている
このレコードが欲しい!
  • リリース年 1964
  • Brazil
  • サイズ LP
  • 型番 P632.701L
  • レーベル Philips
  • ジャンル Jazz / Afro/Latin/Brazillian
  • トラックリスト
    • 1

      Ela É Carioca

    • 2

      Amor Em Paz

    • 3

      Coisa Numero 2

    • 4

      Desafinado

    • 5

      Primitivo

    • 6

      Nanã

    • 7

      Corcovado

    • 8

      Nôa Nôa

    • 9

      Garôta De Ipanema

    • 10

      Neurótico

  • YouTube
このレコードを持っている人
  • VW camper VW camper
    • 1298
    • 0
    • 0

    アトランティックからでている“ビートオブブラジル”のブラジルオリジナル盤です。アレンジはやや路線が異なるとも思える巨匠ジョビンなのです。彼の曲が大きく取り上げられている所にもそれは現れています。 ボサリオセクステットと言えば、ジャズファンにはリオの景色が中央に配されているキャノンボールとの競演盤(62年録音)が有名ですよね。このアルバムではキャノンボールがフィーチャーされボサリオセクステットの影がやや薄い印象ですが、 この64年のアルバムでは”これぞブラジリアンジャズ!”とも言うべきハードな演奏が聴けますよ。何と言っても、2本のボントロ、ラウル・ジ・ソウザとエジ・マシエルの演奏がききものですね。資料が少なくソロはどちらが吹いている全くわかりませんが、丁度クルセイダーズのウェイン・ヘンダーソン風のボントロでなかなかアーシーで聴き応えがありますよ。アルゼンチン出身のテナー奏者、エクトル・コスティータの乾いたサウンドもGOODです。前述のように、デサフィナード、イパネマ、コルコバードと哀愁のテーマで知られるジョビンの名曲がやられていますが 演奏はビックリするほどハードでブラジリアンクルセイダーズの趣きです。

    2016-12-12
みんなのコメント

相手をリスペクトして、音楽に関するコメントでお願いします